亡命希望選手にポーランドがビザ発給 五輪ベラルーシ代表

FNNプライムオンライン

東京オリンピックのベラルーシ代表の選手が、日本の警察に保護を求めた問題で、ベラルーシの隣国・ポーランドがビザを発給した。

ベラルーシ代表として、陸上女子200メートルなどに出場予定だったクリスチナ・チマノウスカヤ選手(24)は、2日午後、支援者らに付き添われて、東京都内のポーランド大使館に入った。

チマノウスカヤ選手は、「帰国すれば投獄されるおそれがある」として、ほかの国への亡命を希望していた。

支援団体は、日本時間の2日夜、「ポーランドの人道的ビザを受け取り、4日に日本をたつ」と明らかにし、ポーランドの外務次官も「彼女はポーランドに到着後、選手活動を続けることができる」としている。

チャンネル登録をお願いします!

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス