知事や市長が現場で黙とう 熱海土石流から1カ月

FNNプライムオンライン

静岡・熱海市で発生した土石流から、3日で1カ月。

現場では、犠牲となった人たちに黙とうがささげられた。

7月3日、熱海市伊豆山地区で発生した土石流では、これまでに22人が犠牲となった。

今も5人の行方がわかっておらず、警察などが捜索を続けている。

発生から1カ月がたち、土石流が発生したとみられる午前10時28分には、被災現場を訪れた知事や市長が黙とうをささげ、犠牲となった人を悼んだ。

静岡県・川勝知事「ご冥福を祈ると同時に、被災された方々が1日も早く安穏な、穏やかな生活が取り戻せるように最善を尽くすことだと」

また、3日から、県の復旧復興チームが現地に入り、被災状況の調査を行っている。

チャンネル登録をお願いします!

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス