「コロナとの闘いに明け暮れた日々だった」菅総理(2021年9月9日)

2021-09-10ANNnewsCH

 菅総理大臣は19都道府県で緊急事態宣言を延長したことなどを受けて記者会見し、退任を前に「コロナとの闘いに明け暮れた日々だった」と振り返りました。

 菅総理大臣:「新型コロナとの闘いに明け暮れた日々でした。すべてをやり切るには1年はあまりにも短い時間でありましたが、安心と希望を持てる未来のために道筋を示すことができたのではないか」

 そのうえで、菅総理は「医療体制をなかなか確保することができなかったことは大きな反省点だ」と振り返りました。

 また、今後については「新たな感染拡大への備えを固め、ウィズコロナの社会経済活動を進めていく必要がある」と述べ、ワクチン接種の進展を前提に行動制限を緩和していく方針を示しました。

 一方、自民党総裁選挙に出馬しない理由については「12日の宣言解除は難しいと覚悟するにつれて新型コロナ対策に専念すべきと思い判断した」と強調しました。

 そのうえで、総裁選で誰を支持するかについては「告示日を迎えた時点で判断したい」と述べるにとどめました。

 菅総理は10日、正式に出馬表明する予定の河野行政改革担当大臣を支持するとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

2021-09-10ANNnewsCH

Posted by chobi