西村大臣 感染状況深刻なら制限強化も(2021年9月10日)

ANNnewsCH

 政府は緊急事態宣言が出ていてもワクチンの接種証明を使い、行動制限を緩和する考えをまとめました。ただ西村大臣は感染状況が深刻な場合は緩和はせず、制限を強める可能性を示しました。

 西村経済再生担当大臣:「当然、非常に厳しい状況になれば、行動制約は強くなります。飲食店、イベント、大型商業施設、移動、さまざま、強い規制を、制限を課すこともあり得ます」

 政府は9日の新型コロナ対策本部で緊急事態宣言が出ていてもワクチンの接種証明などを活用し、飲食店での酒の提供や県をまたぐ移動の制限を緩和する考え方をまとめました。

 ただ、西村大臣は今の緊急事態宣言のもとで制限緩和はしないという考えを示しました。

 また、秋以降、次の宣言が出た際も感染状況が深刻な場合は制限の緩和はせず、強化する可能性を示しました。

 政府分科会の尾身会長は「人々の理解と納得感が重要だ」として行動制限の緩和に向け、国民的な議論の必要性を強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi