米・バイデン政権 “接種か毎週検査”を義務付け 100人以上の企業対象 罰金も 新型コロナウイルス感染再拡大受け

FNNプライムオンライン

アメリカでは、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、バイデン大統領が企業に対し、従業員のワクチン接種、または毎週のウイルス検査を義務づける方針を発表した。

アメリカ・バイデン大統領「企業で働く人たちのワクチン接種率を上げ、感染拡大を抑えていきます」

バイデン大統領は9日、100人以上を抱える企業に対し、従業員のワクチン接種、または週に1度、ウイルス検査を義務づける緊急措置を発表した。

違反した場合、企業に対して、1回につき最大1万4,000ドル、日本円でおよそ154万円の罰金を科すことを検討しているという。

バイデン大統領は、具体的な発効時期について言及しなかったが、対象者は、およそ1億人になるとしている。

FNNプライムオンライン