入管死亡女性の遺族 弁護士と生前映像閲覧かなわず(2021年9月10日)

ANNnewsCH

 「弁護士と一緒に生前の映像を見たい」と訴えましたが、かないませんでした。

 スリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(当時33)は3月、名古屋の入管施設で死亡しました。

 遺族は先月に続き、施設の監視カメラに映った生前のウィシュマさんの映像を見るために出入国在留管理庁を訪れました。

 遺族らは「絶対に弁護士と一緒に映像を見たい」と訴えましたが、入管庁が弁護士の同席を拒否したため、映像を見ることはできませんでした。

 入管庁は「熟慮を重ねたうえでの結論だった。映像を見てもらえなくて残念だ」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi