田中均氏が語る 対テロ戦争20年 日本追随の背景(2021年9月11日)

ANNnewsCH

アメリカ同時多発テロから9月11日で20年。
20年前、アメリカはアフガニスタンでの対テロ戦争、そしてその後イラクへの攻撃に突入し、日本もアメリカを支持。サマワへの自衛隊派遣などでアメリカに追随しました。
小泉政権の政策決定に深く関わった田中均元外務審議官が当時を振り返り、内情を語ります。
インタビューを全編公開。

==========

テレビ朝日 外報部デスク 新谷時子、以下 新谷):
9月11日で同時多発テロから20年。アメリカが始めた2つの戦争、いまだに完全な収束がついていない。特にアフガニスタンについてはアメリカの対応が世界の批判にもさらされている。
この20年間の対テロ戦争をどう評価すべき?

元外務審議官 田中均氏、以下 田中):
もともとこの戦争の始まりは9.11だった。
私はアメリカのことを随分長くやっているが、あの時の国民意識は非常に強い憤りがあった。その憤りがあったときに、当時のブッシュ政権だが、政権の中で非常に強い意見を持っていた人たち、例えば、副大統領のディック・チェイニー、国防長官のラムズフェルド、この人たちを昔から知っているが、彼らの主張は「ネオコン」と言われて、テロとか大量破壊兵器の拡散が起こるのは、支援する政府がいるからだと。そういうならず者政府をつぶさない限り、テロとか大量破壊兵器の拡散は止まらないという、「ネオコン」と言われた議論があって、その結果としてアフガン戦争の場合は、ようやく米軍の撤退という形で、けりがついた。だけど、それを客観的に見てみれば、失敗だった。

◆田中均元外務審議官「客観的に見て対テロ戦争は失敗だった」

この対テロ戦争とか、大量破壊兵器の(拡散)防止をめぐる戦争は失敗だった。
なぜ失敗だったのかというと、結果を見てみれば、オサマ・ビン・ラディンとか、サダム・フセインというのはいなくなったことは事実だが、もともとの発想、テロとか、大量破壊兵器の拡散を生むのは「ならず者政府」なんだと。
だけど結果的にその政府が民主化されているかというと、全くそうはなっていない。イラクにおいても、アフガンにおいてはもっとひどい。もともとのタリバン政権に戻ったということで。

ある意味、この戦争は何兆ドルの予算を使い、数千人の米兵が亡くなっている。現地の人に至っては数十万が死んだ。ものすごくコストが高くついた戦争だった。そういう戦争をして、結果が作れなかった、出口戦略が十分ではなかった。

だから私は失敗だと思うが、ただ振り返ってみれば、あの時、2001年の9.11以降、果たしてアメリカがあれだけ強硬な手立てをとるのを止めることができたかという課題設定をすると、それは無理だと。
あの時のアメリカの国内の非常に強い熱気とか、あの時アメリカというのは、最も強い大国、一局体制だった。1990年に米ソ冷戦が終わって、その後アメリカは唯一の大国になった。

◆「唯一の大国、アメリカを止めるものはなかった」

アメリカ自身が被害を受けたということでアメリカは武力を行使すると。それに反対できるものは何かあったかということだが、一つは国連だった。国連がアメリカの戦争を是認するような決議を出すことができたかどうか、イラクの場合はできなかった。国連決議なくして、米国はイラクとの戦端を開いた。

アフガンの場合は自衛戦争なんですね。自衛戦争といっても、国連決議はあったが、なかなかアメリカ自身が傷ついて、9.11の後アメリカがやるということに対して、ほかの国はなかなか異論を差し挟めない。ああいう大国で、唯一の大国と言われた米国が軍を派遣するというときに、あの時、それを止めるものはなかったということだと思う。
そういう意味では結果論から見ると間違った戦争だと思うが、それが止められたかというと、なかなか難しかったと思う。

新谷):
日本もイラク戦争は支持して、サマワに復興支援として自衛隊を送ったが、日本も当時、反対できなかったということなのか。日本が賛成した理由は?

◆田中氏「米国を支持する以外に選択肢はない。小泉総理も明言」

田中):
まだ日本がアメリカの行動を支持すると言う前に、小泉総理が言われたのだが、その前に日本記者クラブで記者会見した。その時に私が申しあげたのは、「支持する以外に選択肢はない」ということだった。
決して日本は好んで戦争に参加することもないし、もともと戦争という形では参加できないが、米国のまさにテロとの戦い、イラク戦争を「支持しない」という選択肢はなかったと思う。

あの時、小泉首相が明確に言われたのは、同盟国として支持しないという選択肢はないんだと。なぜかというと、日本の周りには、安全保障上、脅威になるような、情勢があると。北朝鮮がしかり。日本がこの地で安定して安寧に暮らしていくためには、米国の支援を得なきゃいけない。したがって、この中東での戦争に反対するという選択肢はないし、賛成するんだということだった。

◆ブッシュ大統領が言った「ドイツが許せない」

2003年の5月に私は小泉首相にお付きというか、―当時外務審議官だったが―小泉さんと一緒に、ブッシュ大統領の山荘に行った。テキサスの別荘に。その時に1泊半、ずっとブッシュと話をしていて、その時の話がすごく印象に残っているが、彼が言ったのは、フランスはああいう国だから、フランスが反対するのはとやかく言わないが、ドイツが反対したのは自分は許せない。

ドイツに対して戦後、どれだけアメリカは支援をしたか。ところが当時のシュレーダー首相は国内政治の観点から、この戦争には反対だということを言った。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi