歩道に突っ込み6人死傷 直前タクシー運転手に異変(2021年9月11日)

ANNnewsCH

歩行者らを次々と巻き込み、1人が死亡、1人が意識不明の重体、4人が重軽傷となった交通事故。
事故を起こしたタクシー運転手は、事故の直前に、ある異変が目撃されていました。

「タクシーが歩行者を次々と、はねた」という一報を受け、現場に急行すると、歩道に突っ込み、大破したタクシーが。

仁科健吾アナウンサー
「フロントガラス近くにまでガードレールが食い込んだ状態です」

ガードレールに車のフロント部分がめりこみ、タクシーの屋根に取り付けられたランプは点滅した状態。
周辺にはガラス片だけでなく、衝突した木から落ちてきたのか無数の「葉」が散らばっていました。

事故が起きたのは、東京・千代田区役所の目の前で、近くには日本武道館や皇居などがあります。

午後4時20分ごろ通行人から、「千代田区役所前で人がはねられた。タクシーと歩行者の事故です。」と119番通報がありました。

この事故に巻き込まれた歩行者の70代女性が搬送先の病院で死亡しました。
タクシー運転していた60代の男性が意識不明の重体です。
そしてタクシーに乗っていた30代の男性が重傷、歩行者の60代女性と、自転車に乗っていた9歳の女の子と、40代の父親がケガをしました。

9歳の女の子が乗っていたものか、
現場には前輪のタイヤがパンクしている自転車が道路わきに停められていました。

通報者
「左側を見たら、(タクシーの運転手が)下を向いていたんですよ。
下を向いて携帯を見ているのかなというような感じだったんですけど、もしかしたら具合が悪かったのかもしれないような。」

通報者によりますと事故を起こしたタクシーの運転手は、信号待ちをしていた時に下を向いていたといいます。
その後、信号が変わったものの、走りださなかったため、クラクションを鳴らされて急発進したということです。

通報者
「ドンという音がして僕が何か踏んだかなと思って、横を見たら、その人が一気にビューンってきて、
たぶん(人を)はねたのが先で、木にぶつかったんじゃないでしょうか。最後は歩道に乗り上げた感じですね。」

警視庁によると、タクシーはノーブレーキで突っ込んだとみられています。
警視庁は事故原因などについて調べています。

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi