7000万円脱税の疑い刑事告発 川崎市の風俗店・実質経営者

FNNプライムオンライン

神奈川・川崎市の風俗店と実質経営者がおよそ7,000万円を脱税したとして、東京国税局に刑事告発された。

川崎市の風俗店経営会社の「オフイスL」と「Dホールディングス」の実質経営者の国本哲樹氏(49)は、3年間で2社あわせておよそ2億9,100万円の所得を隠し、法人税などおよそ6,900万円を脱税した疑いが持たれている。

東京国税局によると、国本氏は、法人税などを減らすため売り上げを少なく計上して経理処理するなどしていて、脱税した金は、高級車の購入などにあてていたという。

国本氏は、すでに修正申告と納税を済ませている。

FNNプライムオンライン