「ハンマーで複数回殴った」79歳女性殺害か 大学生逮捕「確定的な殺意はなかった」

FNNプライムオンライン

佐賀・鳥栖市の住宅で、79歳の女性の頭を鈍器で殴り殺害したとして、警察は、長崎市の25歳の男子大学生を殺人の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、長崎市の大学生・山口鴻志容疑者(25)。

山口容疑者は9月10日午後1時ごろ、鳥栖市酒井東町の住宅の庭で、大塚千種さん(当時79歳)の頭部などを鈍器で複数回殴り、殺害したとして、殺人の疑いが持たれている。

警察によると、13日午後、山口容疑者が大分市の警察署を訪れ、「女性の頭部をハンマーで複数回殴った」と自首した。

現場は、大塚さんの自宅の隣の親類の家の庭で、大塚さんは1人で除草作業をしていたということで、山口容疑者との関係性はわかっていない。

山口容疑者は、「ハンマーで頭部を殴れば、殺してしまうかもしれないと思っていましたが、確定的な殺意まではありませんでした」と、容疑を一部否認している。

FNNプライムオンライン