猪苗代湖8歳死亡ボート巻き込み事故 会社役員の男逮捕 両足切断の母親が語った胸の内

FNNプライムオンライン

2020年9月に、福島県の猪苗代湖で、航行中のボートに8歳の男の子が巻き込まれ死亡した事故で、東京都の会社役員の44歳の男が逮捕された。

この事故は、2020年9月6日に福島・会津若松市の猪苗代湖で、水上オートバイで遊ぶためライフジャケットを着けて湖面に浮いていた男女4人が、航行中のボートに巻き込まれ、当時8歳の豊田瑛大君が死亡し、母親が両足を切断するなど、2人が重傷を負ったもの。

警察は、この事故で、ボートを操縦していた東京・中央区の会社役員・佐藤剛容疑者(44)が必要な安全確認を怠っていたとして、業務上過失致死傷の容疑で逮捕した。

これまでの調べに対し、佐藤容疑者は「身に覚えがない」と話し、容疑を否認しているという。

事件後、母親は、FNNの取材に苦しい胸の内を明かしていた。

瑛大君の母親「瑛大にごめんねという気持ちと、でも笑っていてほしいなという気持ちと、ただただ、瑛大に会いたくて。どんな結果になったとしても瑛大が戻ってくることはないのはわかってるんですけど、とにかく、1日も早く、わたしたちの楽しかった日々を奪った人がわかることを祈っています」

FNNプライムオンライン