空港で赤ちゃん殺害 直後にアップルパイなどの写真を撮影

FNNプライムオンライン

2019年11月、羽田空港のトイレで出産した赤ちゃんを殺害し、遺体を東京・港区の公園に埋めた罪に問われた北井小由里被告(23)の裁判で、北井被告は、赤ちゃんの遺体を「コンビニの袋に入れて、紙袋に入れた」と説明し、ヒール姿で紙袋を抱えている防犯カメラの画像が、法廷に映し出された。

また、赤ちゃんを殺害した直後に、空港内のカフェに立ち寄り、アップルパイなどの写真を撮影していたことが明らかにされた。

FNNプライムオンライン