ミャンマー難民選手が入団 フットサルで新たな一歩

FNNプライムオンライン

日本政府から難民認定を受けていた、サッカー元ミャンマー代表のピエリアン・アウン選手(25)が、新たな一歩を踏み出した。

5月のワールドカップアジア2次予選で、母国のクーデターに3本の指で抗議を示し、その後、命の危険があるとし帰国を拒否。
8月に難民認定を受けていた。

YSCC横浜に加入するピエリアン・アウン選手(25)「皆さんこんにちは、はじめまして。わたしの名前はピエリアンです。ミャンマーから来ました。どうぞよろしくお願いします」

14日、松井大輔選手と共に、横浜フットサルチームへの入団会見に臨み、リーグ初の難民選手としてプロ契約を結んだ。

FNNプライムオンライン