「災害級の動物虐待」と告発 明かされた新事実 犬はどうなる

FNNプライムオンライン

警察の家宅捜索を受けた、長野・松本市の犬の販売業者の施設。

届けていた飼育数はおよそ600匹だったが、実際にいたのは1,000匹近く。

犬たちは積み上げられたケージの中から外に出されなかったという。

以前から問題視していた獣医師は、さらに次のように指摘する。

警察などに情報提供・奥原淳獣医師「無麻酔、無資格で連日のように帝王切開を行っていた」

問題の業者は廃業する意向。

犬はどうなるのか。

今回、犬たちを運び出したのは、保護活動も行う埼玉県の業者。

問題の業者とは知り合いだという。

犬を運び出した業者の代表「愛護団体が獣医師の元に運んで健康状態を見て、多くは一般に譲渡する。血統証明書がないので販売は難しい。金をもうけるつもりはない」

獣医師は、こうくぎを刺す。

警察などに情報提供・奥原獣医師「災害級の動物虐待案件の証拠である犬たちが、どこにどう流れて渡ったか、詳細な報告書を出してもらわないと、誰も納得できない」

松本市の保健所は、移送先の埼玉県の担当課に情報提供し、指導を依頼するという。

FNNプライムオンライン