“肉の塊”丸焼き!豪快なグリルキッチンカーが盛況(2021年9月15日)

ANNnewsCH

 コロナ禍で不振にあえぐバーベキュー場。存続をかけて経営者が挑戦したビジネスとは。

 雨でも行列が出来る人気のキッチンカー。車の中には、日本では非常に珍しい特殊な器具が。業務用冷蔵庫ほどの巨大なバーベキューグリルです。

 重さ7キロの牛肉の肩バラ肉を10時間もかけて豪快にいぶした料理。アメリカ仕込みの本格的なバーベキュースタイルです。この牛肉やスペアリブ、さらには豚肉をたっぷり挟んだハンバーガーを販売。バーベキューを自粛している家族連れなどに大好評です。

 店主の金子明弘さん(40)。実は移動販売は、この日が初めて。

 金子明弘さん:「初回で全然ペースがつかめず、申し訳ございません」

 金子さんは2年前、アメリカのバーベキュー大会に出場。直後に脱サラして多摩川の上流、東京青梅市でバーベキュー場を営んでいます。

 大自然のなか、豪快に肉を堪能できるとあって、コロナ前は大盛況でした。ところが・・・。

 金子明弘さん:「使わなすぎて、クモの巣張っちゃった」

 緊急事態宣言の延長で閑古鳥が鳴いています。

 金子明弘さん:「宣言が明けたからといって、(客が)爆発的に増える時期ではないので。来シーズン、3月4月くらいまでは、バーベキュー場としては厳しい」

 店の存続をかけて挑戦したのが移動販売です。特殊なキッチンカーは自ら設計。5月にクラウド・ファンディングで資金を募り、特別注文して完成しました。

 販売初日は4時間で完売。

 金子明弘さん:「生き残る形を模索していくしかないので、キッチンカーの方である程度、売り上げを立てていけるように。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi