中国のTPP加入申請に「見極め必要」 閣僚から発言相次ぐ

FNNプライムオンライン

中国がTPP(環太平洋経済連携協定)への加入を正式に申請したことについて、TPPを担当する西村経済再生担当相は慎重な姿勢を示した。

西村経済再生相「中国がTPP11の極めて高いレベルを満たす用意があるのかどうか、まずはしっかりと見極めるべき」

日本はTPPの議長国を務めているが、西村大臣は、ほかの加盟国と相談しながら対応していく考えを示した。

また、麻生財務相は「新規加入できるような状態ですかね、今の中国は。受け入れる側11カ国から見て、このルール通りやる? 本当? っていう話なんじゃない」と中国をけん制した。

TPPに参加するためには、高いレベルの貿易の自由化が求められるため、中国が条件をクリアできるかは不透明。

FNNプライムオンライン