世界銀行 中国の順位 不正に引き上げ 信頼揺るがす事態

FNNプライムオンライン

世界銀行の信頼を揺るがす事態となるとみられる。

世界銀行は16日、2018年版のビジネス環境を評価する国別ランキングの報告書で、当時、最高経営責任者で、現在はIMF(国際通貨基金)の専務理事であるゲオルギエワ氏が、中国の政府高官から圧力を受け、中国の順位を本来の85位から前年並みの78位に不正に引き上げたと発表した。

世界銀行は、別の年でも不正な操作があったとして、報告書の発行をやめることを決めた。

これに対し、ゲオルギエワ氏は「調査結果に反対する」と関与を否定している。

FNNプライムオンライン