逮捕された理事は「理事長の“子飼い”」 日大理事長宅を再捜索 病院工事巡る背任事件

FNNプライムオンライン

日大附属板橋病院の工事をめぐる背任の疑いで逮捕された日大理事は、田中英寿理事長の最側近で、東京地検特捜部は、田中理事長宅を7日も捜索し、不透明な資金の流れを調べている。

日大理事の田中理事長の後ろに立つのは、逮捕された「日本大学事業部」取締役の井ノ口忠男容疑者(64)と、大阪の医療法人グループ前理事長の籔本雅巳容疑者(61)で、病院の建て替え工事をめぐり、日大から2億2,000万円を流出させた背任の疑いが持たれている。

日大関係者「(井ノ口容疑者は)今のトップ(田中理事長)の“子飼い”。板橋病院だけではなく、すべての入札・工事 事業部を通すやり方」

井ノ口容疑者の過去の名刺には「理事長付 相談役」とあり、田中理事長の最側近で、田中理事長に抜てきされ、日大事業部の取締役として、大学全般の業務委託の窓口だったという。

東京地検特捜部は、田中理事長の自宅を9月に続き、10月7日も再び家宅捜索していて、病院の建て替え工事をめぐる不透明な資金の流れの解明を進めている。

FNNプライムオンライン