繁華街に火柱 白昼の火事 大阪の中心部・ミナミが騒然 激しい煙で視界かすむ

FNNプライムオンライン

建物の屋根の辺りから立ち上る、大きな火柱。

その近くに伸びる電線からは、ショートするかのように火花が散った。

8日昼前、大阪市で火事が発生。

発生直後の映像。

火の手が上がったのは、飲食店が立ち並ぶ繁華街・ミナミの一角。

警察によって、規制線が敷かれていく。

上空から確認すると、立ち上る煙の激しさがわかる。

商業施設が立ち並ぶ一帯では、火災により、かなりの煙が上がっていた。

燃えている建物は、屋根の辺りが焼け落ち、そこから白い煙が噴き出していた。
視界がかすむほどの量。

周囲の建物には、消火活動を行う消防隊員が。

少し離れた場所には、ホースのようなものを持ち、現場を眺めている人もいた。

避難してきたという、火元の隣の飲食店の店員は「火がばーっと上がった。火の粉が落ちてくるくらいだから、危ないぐらいになっていた。(火を)止めたかったが、あれじゃ無理」と話した。

火は、通報からおよそ1時間半後に、ほぼ消し止められたが、およそ300平方メートルが燃えたという。

火災があった建物の1階には焼き肉店があり、当時、店内には従業員や客がいたが、けが人はいなかった。

FNNプライムオンライン