水道管が“漏水”地震で相次ぐ 原因は「空気弁」(2021年10月8日)

ANNnewsCH

 今回の地震は水道管にも大きな被害を及ぼしました。比較的、揺れが小さかった地域でも被害は確認されていて、取材を進めると、その原因が見えてきました。

 7日の地震。各地で見掛けられたのがこんなシーン。

 東京・世田谷区の住宅街。道路の真ん中にあるマンホールから水が勢いよく噴き出しています。

 厚生労働省によれば、漏水は東京、埼玉、千葉の26カ所で起きました。

 千葉県市原市では地震の影響でか、水道橋のパイプのつなぎ目から大量の水が激しく噴き出しています。

 一方、こちらは埼玉県川口市。地震が発生した後に水があふれ出しています。現場の消防隊員によれば、水道管に亀裂が入った可能性があるといいますが、地震後の漏水には「別の原因」もありました。

 都内で起きた23件はいずれも空気弁などの不具合だったというのです。

 そもそも、空気弁ってどんなもの。

 東京・目黒区での漏水。担当者は首まで水に浸かりながら水を止めました。すると、中にはふたのようなものが。水道局にこの画像を見てもらうと・・・。

 東京都水道局給水部・磨田行広担当課長:「そうですね、空気弁になります。間違いないです」

 空気弁の構造はラムネのビー玉に似ています。筒の上下に穴が開いていて、その間にボールがあります。

 普段は下に落ちていて、空気を逃がし水があふれそうになると上に押し付けられて穴をふさぎます。7日は、ここに地震で隙間ができたといいます。

 東京都水道局給水部・磨田行広担当課長:「ボールの弁が、本来あるべきところに収まらずにズレた状態で押し付けられてしまったという状態だと思われます」

 漏水を止めるには空気弁の根元にあるバルブをふさぎ、ボールに掛かる圧力を緩めます。

 大きな地震の度にこんなことが起きるのでしょうか。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi