交通網混乱 通勤・通学に影響 地震から一夜明けても

FNNプライムオンライン

深夜の首都圏を襲った、最大震度5強の揺れ。

一夜明けても交通網の混乱は続いた。

車両が脱線した、「日暮里・舎人ライナー」。

8日午後8時半ごろから、クレーンによる車両の撤去作業が始まり、次々と車両が地上へと降ろされた。

9日も終日運転見合わせとなり、東京都交通局は復旧までに、数日かかる可能性もあるとしている。

首都圏を走る鉄道では、始発からダイヤが乱れ、通勤・通学に大きな混乱が発生。

駅に居た人「1時間くらい(待っている)仕事に行く予定だったけど、もう遅れて行こうかな」、「朝用事があったがそれも間に合わない」

多くの人の仕事などに支障が出た、今回の地震。

東京都の小池知事は、「あらためて、BCP(事業継続)どういったときに、早出の人と午後出の人と、分散させるということを、(企業などで)あらためて今回の地震で確認ができれば」と述べた。

FNNプライムオンライン