大阪と鹿児島で商店街の火災相次ぐ 2人死亡

FNNプライムオンライン

大阪と鹿児島で、商店街の火災が相次ぎ、2人が死亡した。

9日午前6時40分すぎ、大阪市西区で「家が燃えています」と、火元の家に住む男性から通報があり、商店街の店舗など4棟、あわせて1,200平方メートルが焼けたという。

目撃者「火事だ! と言って、火が出てる! と言って」

近くに店を持つ人「商店街の中の火が延びたところにお店があるので、心配で来ました」

火元とみられる木造3階建ての呉服店と住宅を兼ねた建物から、性別のわからない1人の遺体が見つかり、この家に住む75歳の男性とみられている。

一方、鹿児島・出水市の商店街で、9日午前3時50分ごろ、「建物から煙と炎が見える」と通行人から119番通報があった。

この火事で、木村フクミさん(90)の木造2階建ての住宅と、隣接する3階建ての店舗が全焼したほか、付近の住宅などにも延焼し、あわせて6棟が焼け、焼け跡から、1人が遺体で見つかった。

出火当時、全焼した店舗にいたとみられる木村さんと、同居する60代の息子と現在、連絡が取れなくなっているという。

(関西テレビ)
(鹿児島テレビ)

FNNプライムオンライン