「ほうき草」3万本のコキアが見ごろ 茨城(2021年10月10日)

ANNnewsCH

 茨城県の国営ひたち海浜公園では3万2000本程のコキアが赤く色付き、訪れた人たちの目を楽しませています。

 コキアは「ほうき草」とも呼ばれ、昔は茎の部分がほうきの材料として使われていました。

 SNSなどでも注目を集めていて、10日も多くの人が熱心に写真を撮っていました。

 この2週間が見頃だということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi