「東条湖おもちゃ王国」 立体迷路の床抜け転落 子ども含む6人けが 兵庫・加東市

FNNプライムオンライン

兵庫県の「東条湖おもちゃ王国」で、迷路のアトラクションの床が抜け落ち、子どもを含む6人がけがをした。

警察などによると、10日午後2時すぎ、兵庫・加東市の「東条湖おもちゃ王国」で、立体迷路アトラクション「カラクリ迷宮のお城」の3階の床が抜けた。

床が抜け落ちたことで、利用客7人がおよそ2.4メートル下の2階部分へ転落し、20代の男女2人が腰の骨を折るなど重傷、7歳の女の子を含む4人が軽傷。

立体迷路は5階建てで、東条湖おもちゃ王国によると、施設の点検は毎日実施していて、感染症対策で施設内が密にならないようにしていたという。

東条湖おもちゃ王国は11日、臨時休業する予定で、警察は現場検証を行い、事故の状況や原因をくわしく調べる方針。

FNNプライムオンライン