元看護師“ためらいなかった” 患者3人点滴中毒死

FNNプライムオンライン

殺人などの罪に問われている元看護師の女は、「ためらう気持ちはありませんでした」と証言した。

元看護師の久保木愛弓被告(34)は2016年、神奈川・横浜市神奈川区の旧大口病院で、点滴に消毒液を混入させ、入院患者3人を殺害した罪などに問われている。

11日の裁判で久保木被告は、弁護士から消毒液を混入させる際、ためらう気持ちはなかったか聞かれ、「今考えると本当に恐ろしいのですが、ためらう気持ちはありませんでした」と話した。

FNNプライムオンライン