原付バイクで深夜 集団暴走 少年少女ら50人以上検挙

FNNプライムオンライン

深夜の道路をけたたましい音を上げながら走るバイクの集団。

2車線にまたがるように広がって走る様子が映し出されている。

これは2020年11月、大阪府内で10代の少年少女がバイクの危険運転をする様子を捉えた映像。

集団は、その後、反対車線に移動。

信号は赤だが、それを無視し、停車している車の間を抜けて交差点に進入していった。

バイクが走る先には、自転車に乗る人の姿が。

バイクの集団は、横断歩道を渡る自転車の横をすれすれでかわし、去っていった。

大阪府警は、11日までに、原付バイクなど32台に乗り、信号無視など危険な行為を繰り返した疑いで、少年らあわせて53人を摘発した。

この53人はどのようなグループなのだろうか。

時16歳だった少年がSNSで仲間を募集し、総勢53人で大阪市内などを暴走したとみられている。

重大な事故を招きかねない危険な行為。

摘発された少年らは警察の調べに対し、「自分たちが世界の中心だという気持ちになった」と話している。

大阪府在住だという53人のうち7人が逮捕されていて、少年らは容疑を認めているという。

警察は、当時の状況などくわしく調べている。

FNNプライムオンライン