立憲・生方議員が発言を撤回 「拉致被害者 生きていない」

FNNプライムオンライン

北朝鮮による日本人拉致被害者について、「もう生きている人はいない」などと発言したとして、家族会などから抗議を受けた立憲民主党の生方幸夫衆院議員が、発言を撤回し陳謝した。

生方氏は、自身のツイッターに「不適切な発言をしてしまいました。発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族の皆さま、および関係者の皆さまにおわび申し上げます」と投稿した。

拉致被害者家族会と「救う会」が11日付で発表した抗議声明によると、生方氏は、9月に行った国政報告会で、「日本から連れ去られた拉致被害者というのは、もう生きている人はいない」、「生きているなら帰すではないですか帰さない理由は全くない」などと繰り返し発言したという。

松野官房長官は、11日午前の会見で、「発言は政府の立場とは相いれず、誠に遺憾だ」と述べた。

立憲民主党は11日午後、「われわれは拉致被害者が生存していると信じています」との声明を発表し、「生方議員の発言は、党としての考え方と全く相いれない」として、「厳重に注意を行った」という。

FNNプライムオンライン