「ニュース見て殺害方法思いついた」患者3人殺害(2021年10月12日)

ANNnewsCH

 女は「ニュースで見て殺害方法を思い付いた」と話しました。

 久保木愛弓被告(34)は2016年、横浜市の大口病院で点滴に消毒液を混ぜて入院患者3人を殺害した罪などに問われています。

 今月12日の裁判で被告人質問が行われ、久保木被告は殺害方法について、別の病院で看護師に誤って消毒液を注射された患者が死亡したというニュースを見たとしたうえで、「犯行の際にその方法を思い付いた」と答えました。

 また、病院には3種類の消毒液がありましたが、点滴に入れた消毒液を選んだ理由については「無色で無臭だから」と話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi