「不審男」凶器持ったまま逃走か 住宅全焼2人死亡(2021年10月12日)

ANNnewsCH

 甲府市の住宅で夫婦2人が死亡した火事で、現場から男が凶器を持ったまま逃走している恐れがあることが分かりました。未明の住宅で何があったのでしょうか。

 暗闇に立ち上るオレンジの光。当初は細かった「火の粉」は徐々に大きな炎に変わっていきました。

 12日午前4時ごろ、甲府市の木造2階建ての住宅で起きた火災。

 午前5時前にほぼ消し止められたものの、焼け焦げた柱などだけが残され、原形をとどめていません。

 この火災は「事件」の可能性が高まっています。火が出る直前、警察にはこんな通報があったといいます。

 警察への通報:「泥棒に入られた」

 通報をしたのは、この家の10代の娘。通報前は2階で寝ていたとみられます。1階で言い争う声を聞き、下に降りると「不審な男」がいたといいます。

 この時だったのか、近所の人は“怒鳴り声”を耳にしたといいます。

 この前後、家で何が起きたのか・・・。この家には通報した10代の娘と、もう1人の10代の娘。そして50代の両親が住んでいました。両親とは連絡が取れていません。

 この際、娘2人はベランダから逃げたといいます。

 娘の1人は頭にけがをしているといいます。妹とみられ、男を見て逃げようとした際に後ろから衝撃を受けたといいます。

 暗くて、男の顔は少し分かる程度。「知らない人」と話しているといいます。

 警察によれば、男は凶器などを持って逃げた可能性があります。

 また、近所の人は徒歩で逃げる様子を目撃したといいます。最寄りの駅までは約1.3キロ。近くには保育園や小学校もあります。

 火災との関係は不明なものの、近所では最近、複数の空き巣などの被害が起きているといいます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi