原油高騰の“矛盾” 値上げは納豆も・・・生活直撃(2021年10月12日)

ANNnewsCH

5週連続でガソリン価格の値上がりが続いています。食卓に欠かせない「ある食品」にも影響が出ている恐れがあります。

 神奈川県横須賀沖で釣りを楽しむことができる釣り船。店主を悩ませるのは船の燃料代の高騰です。

 釣り船「荒川屋」・山下貞光社長:「(Q.(値上げで)1カ月に数万円はいく?)そうですね、いっちゃいますね。コロナ禍で(客の)定員を減らしているんですよね。まだ減らしているんで、その分のしわ寄せが船宿に来るという感じで」

 新型コロナウイルスの影響で客足が減るなか、採算が取れないこともあるといいます。

 釣り船「荒川屋」・山下貞光社長:「(Q.魚の値段にも影響?)流通関係で油、ガソリンを使っていますんでね。結果的に魚の値段として上がってきているんじゃないか」

 背景にあるのは原油価格の高騰。今年の初めから上昇を続け、7年ぶりの高値を記録しています。専門家は、その原因を新型コロナの影響で減産体制が続くなか、世界的にワクチン接種が進み、需要が高まっているという矛盾を指摘します。

 ニッセイ基礎研究所・佐久間誠さん:「需要は今後、経済が再開するにつれて回復していくことは予想されるんですけど、今はどちらかというと供給不足に近い状況になってきている」

 7年ぶりに159円まで価格が上昇したという、東京・世田谷区にあるガソリンスタンドでは・・・。

 シンエネ八幡山SS・佐藤大所長:「緊急事態宣言明けてから、先月よりは少し忙しくなってきてる。本来だったら、もうちょっと来て頂けたのかなとは思う」

 この原油価格の高騰、実は私たちの身近なものにも影響が・・・。

 経済部・延増惇記者:「身近なもので言うと、納豆。こういった食品にまで影響を及ぼす可能性があります。納豆のパック、さらに納豆のタレを入れる袋も石油を使ってますので、納豆の値上がりというところも懸念されてくる」

 さらには、石油は電気を作る燃料にも使われているため、今後、光熱費の値上げも懸念されているといいます。

 経済部・延増惇記者:「産油国が原油の増産を見送って冬に寒波が重なると、ますますこの高騰は続きます」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi