出頭の19歳少年を逮捕 放火もほのめかす 2人死亡の甲府住宅火災

FNNプライムオンライン

山梨・甲府市の住宅が放火され、夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、夫婦の娘を殴り、けがをさせた疑いで19歳の少年が逮捕された。

少年は、放火についてもほのめかす供述をしている。

12日午前4時前、甲府市で「泥棒に入られた」と通報があったあとに住宅が全焼し、この家に住む井上盛司さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった。

火が出る直前、寝ていた10代の娘が、争う声を聞いて1階に下りたところ、鉢合わせした男に凶器で襲われ頭にけがをした。

警察が放火事件として男の行方を追っていたところ、19歳の少年が出頭し、井上さんの娘に対する傷害の疑いで逮捕された。

少年は顔にやけどを負っていて、警察の調べに対し、傷害について認めたうえで、放火についてもほのめかす供述をしているという。

FNNプライムオンライン