山梨・住宅火災 「油用意し放火」なら相当な恨みか(2021年10月13日)

ANNnewsCH

 山梨県甲府市の住宅が放火され、住民の夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件。19歳の少年が傷害容疑で逮捕されました。放火についても、犯行をほのめかす供述をしているということです。

■火災前・・・警察に通報「泥棒に入られた」

 山梨県甲府市の50代の夫婦と10代の娘2人の4人が暮らす木造2階建て住宅で、12日午前3時50分ごろに確認された火災。火の勢いが、激しくなっていたころの映像です。

 午前7時すぎに、火は消し止められましたが、家の原形はとどめていません。焼け跡から2人の遺体が見つかりました。性別や外傷の有無は分かっていませんが、安否の確認が取れていない夫婦の可能性が高いとみられています。

 近所の住民:「(Q.家族との交流は)あいさつだけ。いつも、あいさつする。やさしかった」

 これは、通常の火事ではありません。火災が確認される4分前に、この家の10代の次女から警察に“事件”の通報が入っていたからです。

 10代次女:「泥棒に入られた。見知らぬ男と、鉢合わせに・・・」

 近隣住民によると、火災発生で騒がしくなる前に、以下のようなやりとりが聞かれていました。

 近隣の住民:「何か『助けて』って言った後に、そういう声がして。そしたら、ボンといって火が回ったということは、聞きましたけど」

 車や人通りが少ない静かな住宅街のなかの一軒家で、何が起きていたのか。通報した次女の話によると・・・。

 次女の証言(12日午前3時30分ごろ):「1階で人が言い争う声を聞き、2階から下りると、階段で見知らぬ男と鉢合わせ。2階に逃げ戻ろうとした際に、後ろから凶器で頭部を殴られ負傷。ベランダから飛び降りて、追い掛けてくる男から逃げた」

 薄明かり状態のなかで、次女が見たという男の特徴は「知らない人」「10~30代くらい」「中肉で短かめの髪型」でした。

■19歳少年逮捕「間違いありません」

 警察は、放火事件として捜査本部を設置。男の行方を追っていたなか、13日未明、事態が急展開しました。

 甲府市内在住の19歳の少年が、次女に対する傷害容疑で逮捕されたのです。

 取り調べに対し・・・。

 逮捕された19歳少年:「間違いありません。1人でやった」

 逮捕の決め手は、防犯カメラの映像だといいます。少年は容疑を認めているほか、放火についてほのめかす発言も。

 顔にやけどを負い、手の指にもけがをしていて、病院で治療が必要な状態だということです。

■油で放火なら・・・相当な“恨み”の可能性

 警察の捜査によって、今後、色々なことが判明していくなかで、元警視庁刑事の吉川祐二氏が最も注目しているのは、どのように放火したのかについてです。

 元警視庁刑事・吉川祐二氏:「早急に、警察も調べていくでしょうけど、どこが火元になっているのか。どのようなもので火をつけたのかが、非常に重要になってくると思います。今回の場合、2階が落ちているという話も出ていますし、相当な勢いの火が上がったものと思います。油類を使った可能性は、高いでしょう」

 油を用意して火をつけていた場合、相当な恨みを持って犯行に及んでいた可能性があるとみているからです。

■「止まれ」直後に“取り逃がし”か?

 また、この事件では発生直後に、警察による“不審な男の取り逃がし”があったことが判明していました。

 次女の通報を受けて、駆け付けた警察が、現場付近を歩いていた男に職務質問をしようとしたところ・・・。

 “取り逃がし”を目撃した近隣住民:「犯人なんですかね。後ろ姿が曖昧(あいまい)でしたけど。パトカーで『止まれ!止まれ!』と追い掛けている最中で・・・」

 狭い路地に入られて、男に逃走されたということです。ただ、この男は、少年と同一人物であるかは、まだ分かっていません。

 毎晩夜通し1、2階とも明かりがつけられていたという防犯意識が高い住宅を、少年はなぜ狙ったのでしょうか?

 警察は動機を含め、少年から詳しい事情を聴いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi