「人を殺してしまった」出頭少年(19)の素顔とは(2021年10月13日)

ANNnewsCH

 甲府市で住宅が全焼し、夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、出頭してきた19歳の少年が逮捕されました。「人を殺してしまった」と話した少年の素顔に迫ります。

 新たな映像が事件当時の一部始終を捉えていました。時折、大きな爆発音も響き渡ります。

 13日未明、その事件は急展開を見せました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは19歳の少年です。一家との間に何があったのでしょうか。

 事件があったのは12日午前3時半ごろ。甲府市の住宅で火事があり、この家に住む井上盛司さんと妻とみられる2人の遺体が見つかりました。

 この家に住んでいたのは井上さん夫婦と10代の娘2人です。近所の人によると、姉妹はとても仲が良かったそうです。

 火事の直前、次女が言い争う声を聞き、1階に下りたそうです。近所の人も、言い争う声を耳にしていました。

 近所の人:「近所の夫婦げんかかなと思ったんですけど、ちょっと様子が違うなと思って・・・。でも怖くて外が見られなくて、それで夫を起こして見てもらったら『火事だ!』ってなって」

 1階に下りた次女は少年とみられる不審な男と遭遇。逃げる際にけがをしたとみられます。その後、長女が警察に通報したということです。

 次女への傷害の疑いで逮捕された少年、新たな接点が分かりました。

 少年は井上さんの長女と同じ高校に通っていたことが分かりました。長女との面識はあったということです。ただ、事件との関係は分かっていません。

 少年は傷害の容疑を認め、「1人でやった」と話しているということです。放火したことについても関与をほのめかしているということです。

 専門家によれば、この場合19歳でも重い判断が下る可能性があると話します。

 弁護士・大澤孝征氏:「仮に現住建造物等放火(罪)と殺人(罪)ということになれば、亡くなられた方2人となると当然、極刑が考えられる。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi