遊具に首挟まり2歳男児が重体 岡山市の認可保育園(2021年10月15日)

ANNnewsCH

 岡山市の認可保育園で2歳の男の子が遊具の隙間に首が挟まった状態で見つかり、意識不明の重体です。

 14日午前10時10分ごろ、岡山市の「第二さくら保育園」の園庭で2歳の男の子が複合遊具の隙間に首を挟まれて意識を失っているのを保育士が見つけました。

 男の子は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

 警察によりますと、当時2歳児クラスの17人が園庭で遊んでいて、3人の保育士が見守っていたということです。

 保育園によりますと、男の子が挟まれた隙間は子どもたちが遊具の下に入って頭を打つのを防ぐために板状の遊具でふさいだ時にできたものだということです。

 第二さくら保育園・平松早苗園長:「(元々)何もなかったんです、子どもたちがくぐりたがるので、頭を打っても、高さ的にと思ってふさいだが、今こうしてみると全部ふさげばよかった」

 警察は、園長らから事情を聴くなどして状況を調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi