飲酒運転 歩道に突っ込む 外国人の男 現行犯逮捕

FNNプライムオンライン

東京・杉並区で21日朝、車が歩道に突っ込む事故があり、酒を飲んで運転していた外国人の男が現行犯逮捕された。

ガードレールや自動販売機などがなぎ倒され、車が歩道に乗り上げている。

午前6時半すぎ、杉並区和泉の環状7号線で、「車がガードレールにぶつかった」と110番通報があった。

車はガードレールにぶつかったあと、自動販売機などをなぎ倒しながら、歩道を10メートルほど走り、止まったという。

けが人はいなかった。

警視庁は、車を運転していた20代の外国人の男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕し、事故のくわしい経緯を調べている。

FNNプライムオンライン