「買うなら早めに」サケとイクラの高値いつまで?(2021年11月21日)

ANNnewsCH

 まもなく12月、そしてその先のお正月を控え、サケとイクラの価格が高騰しています。これから需要が高まるなかで、気になる価格はどうなっていくのでしょうか。

 新鮮な海の幸などを味わえる“ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル”。2年ぶりの開催となった“屋外で楽しめる食の祭典”です。

 幻の高級魚「ノドグロ」が乗った丼ぶりや、ホッキ貝の炊き込みご飯もおいしそうですが、21日のテーマはこちら。どんぶりからあふれんばかりの・・・、いや、豪快にあふれている「こぼれいくら丼」です。

 近年値上がりが続くイクラですが、今年またしても・・・。

 こぼれいくら海越・名嘉一斗志さん:「サケも取れず、お魚自体が高騰しているのでイクラも去年に比べても、またさらに値段が上がっている」

 去年10月から比べると、価格はどんどん上がっていき、先月時点で100グラムあたり1500円以上に高騰しています。

 それでも、価格は据え置きのまま営業を続けるといいます。

 コロナ禍で苦しい飲食店に、さらなる追い打ちとなる値上がり・・・。年末年始の食卓にも“変化”が起きるかもしれません。

 サケ漁の国内シェアおよそ8割をほこる北海道。その沿岸では近年、海水温の上昇などでサケの不漁が続いています。

 さらに、今年9月には定置網にかかった秋サケが大量死。「赤潮」が原因とみられる被害が相次ぎました。

 正月になれば、おせちを華やかに彩るイクラ。子孫繁栄の縁起物とされていますが、どうしたらお得に買うことができるのでしょうか。

 斉藤水産統括責任者・斉藤又雄さん:「早いうちにこういう加工品では冷凍できますから早めに買って頂いた方がお得かなという感じはあります」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi