各地で人手“秋”のにぎわい カピパラ露天風呂に「酉の市」

FNNプライムオンライン

11月、2度目の「酉の日」の21日、酉の市は、商売繁盛を願う人でにぎわった。
一方、明日11月22日の「いい夫婦の日」を前に、三重・伊勢市では愛をさけぶイベントが開かれた。

各地の21日の様子。

露天風呂に漬かって気持ち良さそうにしているのは、カピバラの親子。

伊豆の冬の風物詩となっているカピバラの露天風呂。

今週末から、静岡・伊東市の伊豆シャボテン動物公園で始まった。

来園者からは、「めちゃめちゃかわいいですね」、「絵になりますね、めちゃめちゃ癒やされます」などの声が聞かれた。

9月に6匹の赤ちゃんが生まれ、12匹となったカピバラの家族。

21日は、お湯の中にオニユズが入れられ、ユズの香りに包まれながら露天風呂を満喫していた。

一方、佐賀市では…。

秋のフルーツといわれる柿の皮むきに子供たちが挑戦する、柿むき大会が開かれた。

真剣な表情で皮をむいていく子どもたち。

地元の名産、干し柿作りの技を受け継いでもらおうと毎年開かれていて、早むきと長むきの腕を競った。

参加した子どもからは、「練習していなかったから、全然むけなかった。(来年は)上手になって、周りをびっくりさせたい」と、前向きな声が聞かれた。

明日11月22日は「いい夫婦の日」。

三重・伊勢市の観光名所・夫婦岩で21日、大切な人に愛をさけぶイベントが開かれた。

眼鏡をかけた男性は、「好きで~す!好きで~す!]と大きな声で告白。

出会って40年になるという夫婦は、「波瀾万丈な山あり谷あり、一緒にいてくれてほんとにありがとう!」、「私の夢は、あなたと一緒に仲良く暮らすこと。その夢がかなって、今が一番幸せです!」と互いに感謝の言葉をさけんだ。

酉の市発祥の社とされる東京・足立区の花畑大鷲神社。

二の酉の21日、11月2度目の酉の市が開かれ、多くの人が訪れた。

商売繁盛を招くといわれる縁起物の熊手を買い求める人たち。

飲食業の男性からは、「コロナウイルスの影響で売り上げが落ちちゃったんで、あらためて縁起を担いで、(来年は)みんなにまた元気よく集まっていただけると」と、熊手に願いを託す声が聞かれた。

2021年は、2020年と比べると人出も増え、熊手を購入する人も増えているという。

喜寿 花畑店・小川店主「去年がひどかったですから、去年と比べると、2倍近くの売り上げになっていますけど」

熊手には、来年の福をかき込もうという願いが込められている。

FNNプライムオンライン