“鼻出し市議”市などを提訴 弁護士もノーマスク(2021年11月22日)

ANNnewsCH

 鼻マスクなどを繰り返し、議会での発言が認められなかった大分県臼杵市の議員が慰謝料などを求めて市と市議会を提訴しました。市議は「表現の自由を侵害している」などと訴えています。

 22日午前10時すぎ、大分地裁に臼杵市の若林市議と、その支援者が到着しました。弁護士1人がマスクを着けていますが、他はノーマスク。

 臼杵市・若林純一市議:「マスクを着ける必要があるなら、着ける必要があるというだけの理由を示して頂けなければ、私は着けることができない」

 若林市議が求めているのはマスクを着けずに発言する権利と、慰謝料100万円です。

 今年9月、委員長から「正しくマスクを着用してから発言して下さい」と、鼻マスクを注意された若林市議。

 その後、本会議では「若林議員、命令に従わないので議場の外に退去を命じます」と、議長に退席を命じられました。この時も鼻マスク。

 しかし、マスクの有無や着け方を理由に議会での発言を禁止するのは憲法上問題があるというのが若林市議の訴えです。

 今月22日の会見では、弁護団も・・・。

 若林市議の弁護団:「マスク着用義務不存在確認等請求事件ですので、私たちはマスクなしで・・・」

 と、来る時はマスクをしていた弁護士もノーマスク。

 ちなみに若林市議、マスクに限らず広く推奨されているコロナ対策については概ね否定的です。

 時の厚労大臣が呼び掛けていた「マスク会食」も・・・。

 臼杵市・若林純一市議:「マスクして、食べる時は外して、またしゃべる時はマスクして、ということをしたことはない」

 さらには、ワクチンも・・・。

 臼杵市・若林純一市議:「(Q.ワクチンとかも打っていない?)事実として私は打っておりません」

 マスクもノー。ワクチンもノーという立場。

 臼杵市・若林純一市議:「僕はマスクをすることが全く意味がないとは言いません。(しかし)効果とマスクをさせられることによるデメリットと、どちらが大きいか・・・」

 若林市議の主張は、どこまで理解されるのでしょうか。また、司法はどのように判断するのか・・・。

 人々はきょうも、公衆衛生上のリスクをできるだけ減らそうと努力しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi