死因は急性一酸化炭素中毒 兵庫・稲美町 住宅全焼 2人死亡 伯父の行方追う

FNNプライムオンライン

住宅が全焼し、子どもとみられる2人の遺体が見つかった事件で、2人の死因が急性一酸化炭素中毒であることがわかった。

19日深夜、兵庫・稲美町で住宅が全焼し、1階から2人の遺体が見つかった。

警察によると、火事が起きた当時、両親は外出していて、家には伯父と2人の息子がいたという。

司法解剖の結果、2人は火事が起きた時点では生存していて、死因は煙を吸ったことによる、急性一酸化炭素中毒であることがわかった。

2人は火事が起きてから、数分以内に亡くなったとみられている。

遺体の身元はまだわかっていないが、体の大きさから子どもとみられるという。

警察は、行方がわかっていない伯父が何らかの事情を知っているとみて、捜査を進めている。

FNNプライムオンライン