鎌倉市 78歳男性 自宅で刺され死亡 妹の長男と連絡取れず

FNNプライムオンライン

神奈川・鎌倉市の住宅で、78歳の男性が腹部などを刺され倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。

警察は、殺人事件とみて捜査している。

22日午後7時半ごろ、鎌倉市雪ノ下の住宅で、この家に住む奥村直司さん(78)が、腹部や額などを刃物のようなもので刺され、倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

奥村さんは、2階の部屋で床の上にあおむけで倒れていて、現場に凶器とみられるものは残されておらず、部屋に荒らされた形跡はなかった。

奥村さんを知る人「いつも自転車で買い物に行っていたり、元気な感じだった。最近お見かけしていなくて、実は気にしていた」

奥村さんは、長男(40)と妹(74)、妹の長男(46)との4人暮らしで、妹の長男とは連絡が取れていないという。

現場周辺は、JR鎌倉駅からおよそ1kmの観光地で、警察は、殺人事件とみて捜査している。

#鎌倉市

FNNプライムオンライン