住宅で78歳男性刺され死亡 妹・息子・おい同居の中(2021年11月23日)

ANNnewsCH

 神奈川県鎌倉市の住宅で78歳の男性が腹などを刺されて死亡しているのが見つかりました。警察は殺人事件として捜査しています。

 観光客らが行き交う鎌倉の鶴岡八幡宮。周辺には「超」が付く高級住宅街が広がります。その一角で22日、奇妙な事件が・・・。

 78歳の男性が腹部などを刺されて死亡しました。一緒に住んでいた妹は、部屋に入るまで異変に気付かなかったということです。

 78歳の奥村直司さんは腹など数カ所を刺され、病院で死亡が確認されました。

 通報をしたのは74歳の妹。夕食の時間になっても姿を見せないため見に行ったところ、2階の自室で奥村さんを発見したといいます。

 この家には奥村さんの息子と妹の息子も同居していますが、当時は2人だけでした。

 近隣住民によれば、奥村さんは仕事を早期退職し、自宅で英語教室をしていたといいます。近所付き合いは、あまりなかったといいます。

 近所の人:「お掃除している姿を見掛けて。それでも、お話はしないです」「家の前をきれいに掃除なさっていて」「(Q.お話をされたことは?)あまりそういう人じゃない。『ありがとうございます』と言っても『はい』って・・・」

 奥村さんは、22日は昼ぐらいまで妹と一緒にいました。妹はその後、外出したといいます。

 気になるのは他の家族。奥村さんの息子からは話が聞けていますが、妹の息子は23日午前の時点で居場所が分からないといいます。

 兄妹とそれぞれの息子という家族構成。近所の人も詳細は分からないといいます。

 近所の人:「(Q.(直司さんと妹)それぞれの息子がいるようだが?)40過ぎくらいの人が、あの人(直司さん)の息子さん?よく知らないの」

 警察によれば、傷の状態から凶器は刃物とみられますが、特定できていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi