韓国“感染最多”接種率は日本より上 現地で何が?(2021年11月23日)

ANNnewsCH

 日本を超えるワクチン接種率を誇る韓国。しかし、感染拡大が止まりません。ワクチンの3回目接種のタイミングが「2回目の6カ月後」から「4カ月後」に前倒しされることになりました。

 感染拡大が止まらない韓国。その要因の一つとして考えられるのが、今月から規制を段階的に解除してコロナとの共存を目指す「ウィズコロナ」政策です。

 先月の終わりごろから感染者が急激に増加。先週、過去最多の3292人を数えた後、3000人前後を推移しています。

 さらに、今月23日発表の重症者は過去最多の549人。重症用の病床使用率はソウルなど首都圏で83%にもなっています。

 韓国では「トラベルバブル」と呼ばれる隔離なしの海外旅行も押し進められ、ワクチン接種率は日本よりも高い79.0%。

 にもかかわらず、感染者が増加している原因はワクチンを2回接種した後に感染する「ブレークスルー感染」だとみられています。

 高麗大学(感染内科)・金宇柱教授:「60歳以上の陽性者の80%はブレークスルー感染です」

 韓国感染症学の権威として知られる金教授は韓国内で27%使われたアストラゼネカ製ワクチンもまた、原因の一つではないかと指摘します。

 高麗大学(感染内科)・金宇柱教授:「アストラゼネカよりもファイザーのワクチンの方が効果が高く、抗体も多くできるし長く維持できます。ですが、韓国は最初高齢者にはアストラゼネカ製を主に打ちました」

 現状打破のために韓国政府が表明したのは「ブースター接種の前倒し」です。

 韓国では60歳以上について、これまで半年後としていましたが、2カ月前倒して、最短4カ月後に受けられるようになり、50代も5カ月後の接種が可能となっています。

 日本では諸外国の状況や効果の持続期間を考慮し、ブースター接種は「原則8カ月以上」とされています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi