中3生徒、学校で同級生の腹を刃物で刺し現行犯逮捕 刺された生徒は心肺停止 愛知の中学校で

FNNプライムオンライン

24日朝、愛知・弥富市の中学校で、14歳の男子生徒が同級生の男子生徒に刺され、心肺停止の状態。

警察は、男子生徒を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

愛知県警蟹江署から柴田美奈アナウンサーが中継でお伝えする。

捜査が進められている愛知県警蟹江署。

現場の中学校の周辺では、突然起きた悲惨な事件に驚きの声が上がっている。

警察によると、午前8時すぎ、愛知・弥富市内の中学校から、「生徒同士のトラブル。おなかを刃物で刺された」と110番通報があった。

3年生で14歳の男子生徒が、校舎内で同級生の14歳の男子生徒の腹の辺りを包丁で刺したとみられ、刺された生徒は救急搬送されたが、意識不明の重体。

警察は、刺した14歳の男子生徒を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

近所の住民「校内暴力とかも聞いたことがなかったし、こんな刺すとか刺されるとかもなかったし、ショックです」

中学校によると、事件があったのは始業前で、男子生徒は腹を刺したあと教師に止められ、通報を受け駆け付けた警察官に現行犯逮捕されたという。

警察は、逮捕した男子生徒から話を聞くなどし、くわしい動機などを調べている

FNNプライムオンライン