USJアトラクションでボヤ 営業時間外 従業員消し止める

FNNプライムオンライン

23日夜、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションでボヤがあった。

けが人はいなかった。

23日午後11時半すぎ、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、アトラクションの施設から煙が出ていることに気づいた従業員が、119番通報した。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによると、ボヤがあったのは、2021年3月に開業した「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の中にあるアトラクション「ヨッシー・アドベンチャー」の屋内部分の天井裏で、従業員がすぐに消火器で消し止めたという。

当時は営業時間外だったが、従業員は、メンテナンスのため残っていたということで、けがはなかった。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、24日午前9時から通常営業するということだが、「ヨッシー・アドベンチャー」は、出火原因などの調査が終わるまで営業を見送る方針。

FNNプライムオンライン