都内の鍾乳洞が人気! 紅葉とワクワクを一気に(2021年11月22日)

ANNnewsCH

 紅葉シーズンは特に注目です。紅葉とワクワク体験が一度に楽しめる都内の鍾乳洞が人気です。

 東京・あきる野市にある秋川渓谷。ここに都内では数少ない貴重なスポットが。

 こちらは東京都の天然記念物に指定されている、大岳鍾乳洞。300メートルにわたり起伏に富んだルートを楽しめます。

 小さな子どもならやすやすと通れる場所も、大人にとっては、ひと苦労です。

 1年を通して気温がほぼ一定な鍾乳洞の中。

 冬場は外気の方が低いため意外にも暖かく感じられるそうです。

 この鍾乳洞が発見されたのは半世紀以上前のこと。

 100歳で生涯を終えた田中ユキさん。彼女の夫が偶然、見つけました。

 田中ユキさん(当時100歳):「ここに湯煙が出ていたの。おかしいなと思って、川をまたいで上へ登っていったら穴が開いていた」

 ユキさんは夫が亡くなったあとも鍾乳洞の受付に立ち続けました。

 田中ユキさん(当時100歳):「お父さんと苦労した場所だからね。しっかり守らなくちゃいけない」

 現在、鍾乳洞はユキさんの孫・嘉伸さんと妻の友美さんが守り続けています。

 ユキさんの孫・田中嘉伸さん(44):「両親いますけど、年も年なので長くは不安かなと思って」

 何より、生前何かと気にかけてくれたユキさんへの恩返しだといいます。

 ユキさんの孫・田中嘉伸さん:「僕は結婚しなかったもので、『早く嫁さん見つけろ』とうるさく言われていた。(妻を)連れて行った時は、すごく喜んでいた」

 妻・友美さん(44):「『今日うち寄って夕飯一緒に食べていきなよ』みたいな声は、よくかけてもらった」

 ユキさんは孫の結婚式の3日後に息を引き取りました。

 週末は100人近くのお客さんでにぎわう鍾乳洞。

 コロナ禍で一時客足が遠のきましたが、再び戻りつつあります。

 ユキさんの孫・田中嘉伸さん:「意外と近場でも良い場所、楽しい場所があると、今回のコロナ禍で分かってくれたお客さんもいるのかなと」

 祖母から孫へ受け継がれた鍾乳洞。その周りは今、紅葉の見ごろを迎えています。

 ユキさんの孫・田中嘉伸さん:「来年(開洞)60周年なんですね。あと40年・・・100周年まで僕は頑張りたいなと」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi