「金継ぎ」若者に静かなブーム キット&教室も人気(2021年11月24日)

ANNnewsCH

 日本の伝統技能・技術「金継ぎ」が今、若者の間で静かなブームになっています。

■“自宅キット”人気 教室も活況

 バラバラに割れた器の破片を手に作業する若い女性たち。

 金継ぎとは、割れた器を漆などで接着し、金粉で装飾する修復技法で、室町時代から職人の手によって受け継がれてきたといわれます。

 割れた器が、修復することによって価値が上がる“アップサイクル”な取り組みとして、金継ぎに挑戦する人が増えているのです。

 ツイッターから:「キッチン引き続き大掃除中。またもや割ってしまったからまた金継ぎを、、」「割れの模様に愛着湧いてきて、金継ぎの良さが分かってきた気がする」

 人気を支えるのが、金継ぎを自宅でも行えるキットです。漆や金粉、必要な道具などが一式そろっています。

 初めての人でも簡単に取り組めるよう、動画で使い方も案内しています。

 取材した生活雑貨店では、金継ぎ関連の商品が、前年の同じ時期と比べて2.5倍以上売れています。

 東急ハンズ・中川博クラフト用品担当:「ここ最近、問い合わせが多くて、フロア奥から正面に設けました。コロナ禍で、家にいる時間が増えて(金継ぎを)始める人が多い。昔使っていた器が出てきて、壊れていたから直そうという方がいる」

 自宅で金継ぎに取り組む人たちが増えるなか、さらに技術を高めたい人のための教室も活況を見せています。

 今年2月にオープンしたこの教室では、すでに100人以上が受講しています。受講生が持ち込むのは、思い出の詰まった器です。

 受講生:「イタリアの作家の作品なんですけど、すごい気に入っていたのに、バリッて割っちゃったから。でも、直したいなと思って」

 漆を固めるための時間などで1カ月から2カ月かかるため、生徒は4回ほど通って指導を受けながら、器を修復していきます。

 受講生:「初めてにしては、よくできた」「趣が出て良いですよね。むしろ良くなりましたよね。金継ぎをして」

(「グッド!モーニング」2021年11月24日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi