“わいせつ行為”の保育士 再登録厳格化へ 厚労省(2021年11月24日)

ANNnewsCH

 子どもにわいせつな行為をして登録を取り消された保育士について、厚生労働省は最長で10年間、再登録を禁止する方針を示しました。

 後藤厚労大臣:「児童へのわいせつ行為で登録を取り消されたものは、再登録の際に厳格な審査を求めることなどを検討」

 子どもへのわいせつ行為で刑事罰を受けるなどして登録が取り消された保育士は、現在の児童福祉法では刑の執行から2年が経てば再登録が認められています。

 今年の通常国会では、わいせつ行為をした教員の免許管理を厳しくする法律が成立していて、保育士についても同様の厳しい措置が求められていました。

 厚労省は24日の検討会で、保育士の再登録禁止期間を最長10年に延ばすほか、刑事罰の有無にかかわらず登録を取り消すことなどを盛り込んだ法改正の素案を示しました。

 年内に取りまとめ、来年の通常国会に提出したい考えです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi