50代伯父を任意聴取 住宅全焼し小学生の兄弟死亡(2021年11月24日)

ANNnewsCH

 兵庫県稲美町で住宅が全焼し、小学生の兄弟2人の遺体が見つかった火事です。警察は24日、行方が分からなかった50代の伯父の身柄を確保しました。現在、任意で事情を聴いています。

 農地に囲まれた住宅。そのうちの1軒は屋根が焼け落ちています。

 稲美町。火災は19日深夜に発生し、木造2階建てが全焼。2人の遺体が見つかりました。

 この家には12歳の次男・松尾侑城さん、7歳の三男・眞輝さん、そしてその両親、さらに母親の兄の50代の伯父が暮らしていました。

 当時、母親は仕事で外出、父親は母親を車で迎えに行っていました。

 遺体は兄弟であることが分かっています。

 近所の人:「(Q.(小学生の)兄弟を見掛けたことは?)家の前の道でよく2人でキャッチボールとかしていたので、車で通り掛かった時にすぐどいてくれたりして」「(Q.家族の仲は?)仲は良かったんじゃないですか?キャンプとか休みになると出掛けたりして」

 近所の人によれば、伯父は数年前から同居を始めたとみられますが、家族との接触はほとんどなく、最後に見掛けた時期も分からないといいます。

 去年、伯父と会った人:「去年、集金でお伺いした時に(伯父に会った)。(集金で会った時は)物静かな感じで、封筒頂くだけなのであまり会話はしてない」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi