伯父は徒歩で現場離れる 兄弟死亡の火災が急展開(2021年11月24日)

ANNnewsCH

 兵庫県稲美町で住宅が全焼し、小学生の兄弟2人の遺体が見つかった火事です。警察は24日、行方が分からなかった50代の伯父の身柄を確保しました。現在、任意で事情を聴いています。兵庫県警加古川警察署前から報告です。

 (佐藤江里子記者報告)
 火災から5日経ち、警察が行方が分からなくなっていた伯父の身柄を確保し、任意聴取するという急展開となりました。

 兵庫県稲美町で19日、住宅が全焼し、焼け跡からこの家に住む小学生の兄弟2人の遺体が見つかりました。

 兄弟の身元は松尾侑城さん(12)、眞輝さん(7)と判明しました。

 焼け跡の布団などから油のようなものが検出された現場の状況から、警察は何者かが火を付けたとみて放火容疑で捜査。

 住宅に同居しながら火災後、連絡が取れなかった50代の伯父の行方を捜していましたが、24日に伯父を発見して現在、任意で事情を聴いています。

 火の回りが早く、10分も経たないうちに幼い子ども2人が犠牲になった火災。

 伯父は火災後に徒歩で現場を離れていたということで、警察は現在、詳しい経緯を確認しているとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi