米軍オスプレイから“水筒落下”・・・県への報告は翌日(2021年11月26日)

ANNnewsCH

 高さ25センチ、幅13センチのステンレス製の水筒。これが突然、空から降ってきたというのです。落ちた先は、住宅の玄関でした。

 水筒が見つかった家の住人女性:「当たっていたら、死んでいたかもしれない。いつか事故が起きると不安だったが、危険と隣り合わせだと実感した」

 アメリカ海兵隊や沖縄県などによりますと、23日の午後6時半すぎ、普天間基地を飛び立たったオスプレイの乗員が、宜野湾市上空を飛行中に、水筒を落としたということです。

 現場を視察した宜野湾市議は・・・。

 桃原功宜野湾市議:「怒りを通り越して、あきれるばかりで。落とした直後にも、こうやってヘリを飛ばすわけですから、許せないですよね」

 水筒は破損。中に入っていた液体も、飛び散っていました。

 沖縄県・玉城デニー知事:「航空機関連事故は、人命や財産に関わる重大な事故につながりかねず、米軍の安全管理体制に強い疑問を抱かざるを得ません」

 玉城知事の怒りは、水筒が落下したことだけではありませんでした。

 沖縄県・玉城デニー知事:「事故発生時の迅速な通報について、再三申し入れてきたにもかかわらず、改善がみられないことは、極めて遺憾」

 県への報告は、落下した翌日だったということです。

(「グッド!モーニング」2021年11月26日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi